前へ
次へ

税理士試験の2つの合格率について

税理士になるためには、一部例外もありますが、通常は国家試験を受けて、それに合格して資格を得ることになります。この試験は、毎年12月に全国9つの都市と埼玉県、東京都及び大阪府で行われます。試験に通るためには、5科目すべてに合格する必要がありますが、合格率は平均して2パーセント前後と、かなりの難関です。しかし税理士試験では、1つの科目に合格した場合は、資格を得るまでその科目は合格とみなされます。これを科目合格制と呼びます。この科目合格率は、大体10パーセントから20パーセントです。仮に1度の試験で2科目通った場合は、次の試験で他の3科目に合格すれば税理士の資格を得られますので、仕事をしながら、何年かかけて資格を得る人も多くいます。

top用置換

top用置換2
Page Top